情報交流(Q&A)file14■河床断層上に造られたダムは大丈夫か?■

我が国のダムの多くは、山間部の谷地形を利用して造られていると思います。一見効率的な造り方のように思えますが、谷の形成過程において、断層が大きく関与している場合が多々あるはずです。すなわち、ダム河床部に上下流方向に分布する断層が存在することがあると思います。現在、原子力発電所サイトの活断層が問題になっていますが、ダムの場合は問題になりませんか?ご助言をよろしくお願いいたします。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    i-infra (金曜日, 14 4月 2017 11:30)

    ダムの場合の断層対策は、断層部の岩盤強度を算出して、断層部の岩盤強度が不足している場合は、断層部の地盤の補強をします。断層部の補強を行っても、設計強度を満足しない場合は、断層部の両側の岩盤で、ダム堤体を支持できるかどうかの検討を行います。また、断層部の地盤の補強の際、不透水層の形成も念頭に入れて計画するので、断層部の両側の岩盤が、別々の挙動をすることがあっても、ダムの断層部からの漏水は抑制されます。